旧・健康コラム

Tel:0120-184-884昼11時~夜21時(月~土)
昼11時~夜20時(日・祝)
ネット予約する

夏バテってなに?

何だか最近ダルいなぁ~とか、身体が疲れやすい~などと感じていたら、それは夏バテの症状かも知れません。

夏ばて

夏バテとは?
特に定義は無いのですが、夏場の暑い気温にまだ慣れて居ない身体が酷暑日などの高温な気温に晒された後、夕方気温が下がって涼しい~とか冷房の効いた部屋 に入って涼しんだりなどの急激な温度変化を体験しているうちに、その気温差が原因で自律神経が対応出来なくなっている状態の事を指す場合もあります。

他にも色々な症状がある様なので、見て行きましょう。

暑いからと言って冷たいモノばかり飲んだり食べたりしていませんか?

凄 く暑い日々はあまり食欲が湧かないかも知れませんが、そんな時に何となく口にしてしまうのがジュースやアイスなどの冷たい飲み物食べ物です。確かに、暑い のに朝からコンロの前で汗を流しながら作ったしっかりとしたご飯なんて、喉を通る自身が無い~と言う人が多いと思います。

しかし、本来ならばそう言ったしっかり系ご飯を食べないと体力が持続しないので、ジュースやアイスでご飯を済ませてしまうと、すぐにお腹が空いてまた何か探す事になるのです。

飲み物ばかりで過ごしていると陥りやすいのが、栄養状態の悪化です。

この飽食の時代でご飯を食べるのも何をするにも自由なこの世界で、栄養状態が悪いなんてちょっとオカシいですが、暑くて食欲が無い~と言って飲み物やアイスばかり食べていると、本当にそんな状態になってしまうのです。

栄養状態が悪くなると当然免疫力も低下して風邪を引きやすくなったりまた、冷たいモノの摂り過ぎで胃腸を冷やしてしまって更に食欲不振を招いてしまうと言う状況になる可能性もあるのです。

暑いからと言って、好きな様に飲んだり食べたりしないで、普段通りの食生活を送る事が健康的に夏を乗り切る秘訣です。

季節の変わり目にもご用心~急激すぎる気温差で体調を崩します!

日中は猛烈な暑さは影を潜めていて夜~朝方は涼しいと言うより寒いかも知れないと感じる気温の中では、、夏バテと言うより夏バテの様な症候群?と言う感じで、過ごしているかも知れません。

急激に季節の変わり目が訪れてしまった場合、あの真夏の酷暑の始まりの頃の様に体感気温が想像しているより変わっているので、身体の中では対応が追い付かない状態になっているのです。

真夏の暑さに慣れ切った身体では、季節の変わり目の中で変わる過ごしやすい気温の中の方が苦痛を感じているのです。すると起こりやすいのが体調不良です。

特に何も食当たりしそうなモノも食べていないのにお腹が痛くなったり、夜の涼しい気温に晒されていただけで冷え性になる人もいるのです。

また、猛暑日・酷暑日では涼しいと感じていた筈の気温がどんどん暑く感じる様になって来るので、気温の変化に身体が付いて行けなくなる事により、夏バテのような症状に襲われる可能性が出てきます。

暑い日々の様に汗をダラダラかいて身体の温度調節をするべきなのか?いやそんなに汗をかく程では無いと、身体が葛藤して行きながら徐々慣れて行った頃には秋になっていると言う寸法なのでしょう。

◎夏バテとは、季節や気温の急激な変化に身体がついて行かない事で起こる、突発性の症状の様なものです。

日々の食事に工夫したりまた、冷たい飲み物ばかり飲んだりしないでバランスの良い食生活を心掛けて、バテにくい身体を作って行きましょう。

↑ PAGE TOP