旧・健康コラム

Tel:0120-184-884昼11時~夜21時(月~土)
昼11時~夜20時(日・祝)
ネット予約する

お風呂上がりのストレッチが最適です!

ストレッチ運動と言うと、体育の授業の前に腕や脚を伸ばしてキュ~~っとなる、あの運動ですが、今お風呂上りにする事で、その効果が倍増する事が分かっています。

adb1ae375143d475709b2bee5836197c_s.jpg
と言うのも、お風呂上がりは血行が良くなっているので新陳代謝が通常の状態より高くなっています。
 
その状態でストレッチをする事で、普段は中々効果が出ないダイエットや、固く凝り固まっていた関節をほぐす時間を短縮出来るのです。
 
特に期待されているのがダイエット効果で、お風呂上りのストレッチをする事で余計な脂肪の燃焼を促進してダイエット成功を導く~と言うのです。
 
ま た、長年同じ様な姿勢で仕事をしていた人や、歳を重ねて身体の動きが固くなったと感じている方は、お風呂上りのストレッチをする事で、凝り固まっていた筋 肉をほぐして柔らかくして、動きにくかった関節を動かしやすくして行く事で、今まで出来なかったりやるのに苦痛を伴っていた事が出来る様になるのです。
 
痩せやすい身体に必要なのは、柔軟な筋肉
 
普段から運動されてる方や、運動系の習い事をしている方は、運動しているからか普段からかなりガッツリな食事をしてお酒も結構飲んでいるのに、全く太っていない!どころかスリムな人が多いかと思います。
 
それは、普段の運動でエネルギーを燃焼しやすい筋肉を持っている可能瀬が高いからです。
 
お風呂上りの、血行の良い状態で行うストレッチ運動で、今まであまりストレッチをして来なかった~と言う人には最初のうちはキツいかも知れません。
 
ただ、何もしないで居たら、ドンドン脂肪が付きやすい身体になってしまいます。
 
筋肉は、ちゃんと鍛えられていて柔軟性を保っている状態であれば、特に激しい運動をしなくても座っているだけでも脂肪を燃焼してくれるようになります。
 
ダイエットの経験がある人は基礎代謝と言う言葉を聞いた事があると思いますが、この基礎代謝が正にそれで、一日中座ってテレビ見ているだけでも燃焼して行くエネルギー量がそれに当たります。
 
その基礎代謝を上げて脂肪の燃焼を促進する筋肉を作るタイミングとして有効なのが、このお風呂上りにストレッチ運動をすると言う事なのです。
 
筋肉は、使っていないと硬くなります
 
ストレッチ運動で使う主な筋肉は、基本的には骨格筋と言います。
 
骨を動かす筋肉の事を差しますが、この筋肉が正常に柔らかくしなやかで居続けていなければ、理想の燃焼しやすい身体は作れません。
 
また、歳を取って特に運動をする機会も無くなって来ると、普段あまり使わない関節から硬くなって行き~筋肉のしなやかさも失われていくのです。
 
そうしているうちに、歩くことも困難になり~寝たきりになると言う寸法です。
 
そうならない為にも、ストレッチ運動で筋肉を柔らかくして関節が正常に稼働する様にして行く事が重要なのです。
 
ただ、毎日続けて行きたいけど、どのタイミングでするのか悩む~またはいつしたらイイのか分からない!と言う方は、お風呂上りの血行が良い時に合わせてストレッチをするのがお勧めです。
 
血行が良い時にストレッチをすると、普段凝り固まっていて動かしにくい関節も動かしやすくなっているので、健康的な筋肉を作る良い機会になるでしょう。
 
毎日続ける事で、今まで動かせなかった事まで出来る
 

f533abfc963eff0ea39809513507ade5_s.jpg

お風呂上りに、毎日同じストレッチをしていたとしても、何日か続けて行くうちに以前までは動かせなかった位置にまで関節を動かす事が出来る表になります。
 
可動域が広がる事で、筋肉の運動量が増えて代謝が上がって行く事から、ダイエット効果を期待している方はこの辺りから成果が出始めるのでは?と思います。
 
また、普段から冷え症などに悩まされていると言う方も、可動域が広がって今まで使われていなかった筋肉が使われ始める事で改善される人が増えているのです。
 
ただ、注意して欲しいのが、ストレッチは関節を動かして伸ばしたい筋肉をゆっくりと伸ばして、伸びきったその状態をしばらくキープするゆったりとした運動です。
 
決して激しい動きや速度を求める物ではありません。
 
なので、その効果を早く実現させようと、速度を付けてはいけません。
 
じっくりとゆっくり、毎日続けるのが成功の秘訣なのです。
 
じっくり続けられずに焦ってしまうと怪我の原因にもなりますので、充分注意して行う様にして行きましょう。

↑ PAGE TOP