旧・健康コラム

Tel:0120-184-884昼11時~夜21時(月~土)
昼11時~夜20時(日・祝)
ネット予約する

疲れ目は温める?冷やす?

街角のカフェや、電車の中、会社のオフィスの中でも休憩時間にはスマホを見つめてばかりいる人、多いですね。

でも、そんなに毎日あの小さな画面を見続けていると、確実に目が疲れて行きます。

お昼時に入った定食屋さんで、出されたおしぼりを当てると気持ちイイ~なんて言っている人は、確実に毎日眼精疲労状態です。

特に目薬も差していないとか、疲労回復のために何か目に良さそうな事をしていない~という人は、今後視力低下の恐れもある事を念頭に置いておいて欲しいものです。

ついつい忘れがちな毎日の目の疲労回復をする事で、今後の目のコンディションが決まると言っても過言ではありません。

そんな疲れ目の簡単な回復方法には3通りあります。

どれが適切な回復方法なのか、検討して行きましょう。

d48985e9433572f810806e7bea6c01df_s.jpg

目が疲れたら、冷やした方がイイよと言われた

大抵の目薬がそうであるように、疲れ目には冷やす~というのが一般的です。と言うのも、目が疲れている時に鏡で眼球を見てもらえればわかりますが、健康的な眼球は白くて逆に青白い位なのに、疲れていると真っ赤に充血しています。

普段は見る事も少ない毛細血管が浮き出て来ていて、何か怖い位になっているのがすぐ!分かるのです。

そんな状態の目で、スマホやパソコンを見続けていたら、いつしか視力低下や眼病にもなる可能性も高まります。

この状態は、目が炎症を起こしている状態なので、冷やして炎症を止める事が疲労回復の近道となるのです。

氷水でしぼった濡れタオルをまぶたの上から当てたり、凍らせてもソフトに凍る保冷剤などを当てるのも良さそうです。

また、眼精疲労専用の目薬を使う事で、更に回復が早くなるでしょう。

疲れ目はホットに温めるべき!特に、しょぼしょぼしている場合

疲れ目にも色々ありますが、眼球が真っ赤!とかでは無いけど、何かまぶたがショボショボ~と視界もショボ~っとしている疲労は、炎症している疲れ目とは逆に血行不良になっている可能性が高い疲れ目の様です。

眼球に、血液が行きわたらなくて~段々エネルギー不足になって~それで視界がショボショボして~と言う感じで、疲労して行くのです。なので、冷やす方法で回復するのではなく、温める方法で回復させるのです。

定食屋さんで出されたおしぼりを目に当てていたサラリーマンは、正にそんな眼精疲労を回復しようとさせていたのです。

温かい蒸しタオルなどをまぶたの上から当てて、じわ~~っと血流が回復してくる感覚があると、目が回復していると実感できます。

また、ショボショボ目用の目薬もありますが、中にはクールタイプもあるので注意してください。

じんわり温かくなる~と言う効果よりも、「目のピントを合わせる効果のある成分が含まれている」と記載されているモノを選ぶと、ショボショボ回復に効果的です。

疲れ目にはツボ押し!!

疲れ目の回復方法には、ツボ押しと言うのもあります。

目の周りにはいくつかのツボがあるのですが、目頭と鼻の間辺りから~眉の先端部分と眉の下の骨の辺りと~眉尻と目尻の辺り、そして目のちょっと下の部分にあります。

一つ一つゆっくり押しながらマッサージをするのが効果的です。

目頭から始まって、目の下で終わる様に〔右目だったら時計回り〕、〔左目だったら反時計回り〕に押して行きます。

これを約3周やるのが眼精疲労回復に効果的なので、もし近くに冷やしタオルも蒸しタオルも無い場合は試してみると良いでしょう。

◎目が充血していて、かつショボショボだった場合は、温めたり~冷やしたりを交互にやるのが良い~と言われていますが、それはちょっと面倒なので、冷たいクールな目薬を差しておき、まぶたの上から蒸しタオルで温めるのが得策かと思われます。

またこの逆も然りなので、是非色々試してみてください。

↑ PAGE TOP