旧・健康コラム

Tel:0120-184-884昼11時~夜21時(月~土)
昼11時~夜20時(日・祝)
ネット予約する

目の疲れやかすみ目!それって眼精疲労?

「目が疲れる」とか「目が痛い」などといった事は、誰もがよく経験します。

現代人は、スマホやタブレット端末・パソコンなど、目を酷使する事が多いのでは?
仕事でもパソコンを使い、通勤中や自宅ではスマホの操作…
目の充血や疲れで悩んでいる方も少なくはないはずです。

眼精疲労

それは、ただ単に目が疲れているだけなのでしょうか?

眼精疲労と眼疲労の違いって?

日々の生活の中で、「目が疲れた」と感じる事はよくあります。
「テレビを観ているだけ」「スマホのアプリをちょっと使用しただけ」など、特にハードなデスクワークをしていない場合でも、目に負担はかかっているからです。
目薬をさしたり、夜眠ることで回復するようであれば、それは「眼疲労」という事になります。

しかし、以下のような症状の場合は「眼精疲労」と考えられます。

不快な症状がいつまでも続き、その症状がさらに悪化する場合はお医者さんの診断を受ける事も必要となってきます。

眼精疲労の原因とは?

「眼精疲労」と一口に言っても、人によって原因は様々です。
冒頭でも少し触れましたが、現代人はパソコンやスマホなどのネットワークサービスの普及により、以前に比べ目を酷使する事が増えてきました。
特に、デスクワークをする人はパソコンを使う仕事が増えたのではないでしょうか?
そのように目を酷使する事が「眼精疲労」を引き起こす原因の1つと言えるでしょう。

また、『日本眼科学会』の調べでは、度の合わないメガネを使用していたり、老眼の初期に無理な作業を行う事も原因と言われています。

緑内障や白内障でも「眼精疲労」が出現する事があるので注意が必要であるとも言われています。
他には、眼球の表面が乾燥する病気であるドライアイや、風邪やインフルエンザ、更年期障害。これらが眼精疲労を伴う場合があるようです。

このように、視覚的な原因と病的な原因と眼精疲労を引き起こす原因は1つではありません。

眼精疲労が引き起こす様々な症状

眼精疲労からくる症状には、目のかすみや充血、乾燥、異物感などが上げられますが、決してそれだけではありません。

その症状がその症状が眼精疲労からくるものだと気づかず、長年不安を抱えているという人も少なくはないようです。
眼精疲労による慢性的な肩こりや頭痛に悩まされると多大なストレスがかかってしまい、心にも大きな負担を与えてしまう事となるでしょう。

「今日はもうパソコン作業や書類に目を通す作業などはしたくない!」と思う事はありませんか?それが、眼精疲労によるストレスのサインの1つかもしれません。趣味や遊びなら途中で切り上げる事もできますが、それが仕事ともなると切り上げて目を休めるという事は、難しいかもしれませんね。
そうして溜まったストレスが神経にも影響を与えてしまい、「神経症」を引き起こす事も考えられます。

目の疲れを避けるためには?

眼精疲労の原因はたくさんありますが、やはり目の使い過ぎを避ける事が重要となってきます。日常生活や仕事中に少しでも目の過労を予防する事が大切です。

仕事中、机や椅子の高さはあなたの体に合っていますか?

読み書きをする時、明るさに気をつけていますか?暗いだけでなく、明るすぎる直射日光なども目の疲れを誘発します。

姿勢は大丈夫ですか?背筋が曲がっていたり、ディスプレイに近づきすぎるのも目の疲れの原因です。

パソコンなどの作業をする時、休憩は取っていますか?長時間の作業は目に負担をかけてしまいます。1時間に10分から15分程度は休憩をとるように心がけましょう。

また、散歩や適度な運動などでストレスを発散する事も眼精疲労の予防につながります。

疲れ目スッキリ!目の体操

↑ PAGE TOP