旧・健康コラム

Tel:0120-184-884昼11時~夜21時(月~土)
昼11時~夜20時(日・祝)
ネット予約する

デスクワークで肉体疲労?!

ガテン系の仕事に比べると、ラクそうに見えるデスクワーク。
でも、意外に疲れるってご存知ですか?
朝から晩までデスクに座りっぱなし…。いつも同じ姿勢で肩は凝るし目は疲れる…。結構ストレスが溜まりますよね?自分が思っている以上に疲れたと感じている人も多いのではないでしょうか?

デスクワーク

座っているだけでなぜ疲れるのでしょう?

デスクワークは、立ち仕事と同じくらいの疲労が起こると分析する専門家も少なくはありません。体を使う仕事をしている人から見ると「なぜ?」と疑問を唱える人もいるでしょう。では、その原因は何なのでしょうか?

・目の疲れが引き起こす肉体疲労

デスクワークの人が必ずといっていいほど使用しているのがパソコン。
使う頻度には個人差があるとは思いますが、現代はパソコンでの作業がメインなのではないでしょうか?パソコンを使う作業は、当然、目を酷使します。その「目の疲れ」が、肉体疲労を引き起こす原因になっているのです。

パソコンの画面を見続ける事で、「交感神経」の働きが活発化します。その「交感神経」が活発化すると疲労物質が生まれやすくなります。

自律神経をつかさどる、「交感神経」と「副交感神経」。
簡単に言えば、体を動かすために必要なのが「交感神経」の働き。体を休めるために必要なのが「副交感神経」の働きだという事です。

目を酷使すると体が緊張状態に陥ります。そうすると脳内にアドレナリンが分泌され、交感神経が活発化してしまうのです。

体は疲れていて眠いのになかなか眠れないという経験をした事はありませんか?それが、交感神経が活発化している証拠だと言えるでしょう。目を酷使する事で、「交感神経」と「副交感神経」の切り替えがうまく行かなくなってしまう事もあります。それが、肉体疲労を引き起こす原因となっているのです。
当然、自律神経の乱れは、様々な病気の原因にもなりますので、気をつける必要があります。

・同じ姿勢を続けると起こる血行不良

デスクワークを続けていると、長い時間座った状態になります。座った状態だと、太ももの付け根部分を圧迫し下半身の血行が悪くなります。そうすると、血液の流れをスムーズにできなくなり慢性的な血行不良に陥ってしまします。血行が悪いと、体の中に溜まった老廃物を排出しにくくなってしまいますので、疲労物質も蓄積されてしまうという事なんです。

デスクワークをする人で、慢性的な肩こりや腰痛、便秘に悩ませているという人も多いのではないでしょうか?それは、血行不良が原因となっていると言えるでしょう。

「エコノミークラス症候群」という言葉を聞いたことがありますよね?「旅行者血栓症」とも呼ばれ話題になりました。その原因も長時間座りっぱなしでいる事です。
同じ姿勢で座り続ける事で太ももの欠陥を圧迫し、血栓ができてしまいます。トイレなどに立った瞬間、その血栓が血液中を流れ肺に到達し肺の静脈を閉塞してしまうというものです。呼吸困難やショックを引き起こし、ときには死に至ることさえあるのです。

少し大げさなようですが、座りっぱなしでいる事がこれほど体に負担をかけているという事の1つの例として挙げる事ができます。

デスクワーク疲れを解消するには?

まずは、長時間同じ姿勢で座り続けるのを避ける事です。適度に休息を取り、1時間に一度くらいは席を立つように心がけましょう。女性なら、トイレ休憩をする事も1つの手段かもしれません。用を足すのも大事な事です。我慢をすると膀胱炎や尿道炎になってしまいます。化粧直しをするのも良いでしょう。気分転換をするとストレスの解消にもなりますね。

そして、目の疲れを溜めない事も大切です。じっとモニター画面を見続けないようにしましょう。近場に視線を固定してしまうと目が疲れやすくなります。時々、視線を遠くに向けるように心がけてみましょう。

画面に目を近づけるのもよくありません。40㎝から70㎝の距離を取りましょう。目を近づけすぎる事で、背筋が曲がってしまい姿勢が悪くなってしまいます。姿勢が悪くなると目の疲れだけでなく、肩こりや腰痛の原因にもつながります。正しい姿勢を身に着けるのも、目の疲れを予防する秘訣と言えるでしょう。首や肩を回したり、背伸びをする事も大切です。そうする事で、血行不良を防ぎます。

また、デスクワークに従事する人は、運動不足に陥りがちです。普段から、適度な運動を心がける事です。
休みの日は、散歩をしてみるのも良いでしょう。買い物なども、乗り物を使わず歩いて行ってみるのも運動不足解消になりますね。適度な運動はストレス解消にもなるので、ぜひ習慣にしたいものです。

中には、仕事の性質上あまり体制を変える事ができないという人もいらっしゃることでしょう。
そんな方は、普段から血行を良くするようにゆっくりお風呂に浸かり、入浴後はマッサージをすると良いでしょう。シャワーだけで済ますのではなく、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる事が大切です。それが、疲労回復やストレス解消にも役立ちます。

その日の疲れは、その日のうちになくしたいものですね。

↑ PAGE TOP