旧・健康コラム

Tel:0120-184-884昼11時~夜21時(月~土)
昼11時~夜20時(日・祝)
ネット予約する

目の使い過ぎで老け顔になるってホント?!

現代の情報化社会では、目の酷使は避けようにありません。毎日のデスクワークやスマホの使い過ぎで、目が疲れてしまったと感じている人は少なくはないはず。目のトラブルで悩まされる人も年々多くなってきている傾向にあるようです。

「最近、目が疲れているな~」と感じている人は要注意!目の使い過ぎは『老け顔』の原因の1つと言われています。

眼精疲労老け顔

眼精疲労が蓄積されると?!

朝、仕事に出かける前の顔に比べると、帰宅後の顔はちょっと老けたような気がすると感じることはありませんか?
もちろん、化粧崩れが原因でシワやほうれい線が朝よりも目立ってしまうという事も原因の1つなのですが、目の使い過ぎで起こる眼精疲労も原因になっている事を知っていますか?

仕事で1日中パソコンを使っていたり、長時間同じ姿勢でいる事で目を酷使しています。また、プライベートではスマートフォンが手放せないという人は、さらに目を酷使してしまいます。
そのように日々、蓄積された目の疲れが眼精疲労を引き起こし、目元にシワやクマ、くすみができやすくなってしまうのです。それが「老け顔」の原因。目の周りは、他の部分に比べて皮膚が薄く、肌トラブルが出やすい部分でもあります。

なぜ「老け顔」になってしまうの?

目の疲れを放っておくと、どんどん「老け顔」を作っていってしまいます。それはなぜなのでしょうか?
原因は、目の疲れによる「血行不良」。

パソコンでの作業をしていたりスマートフォンを使っていると、目がしょぼしょぼして、つい目を細めてしまっているという事もあるのではないでしょうか?それが「疲れ目」のサインです。
それを繰り返していると「眼精疲労」を引き起こしてしまいます。

眼精疲労は血行不良を助長し、その結果「目のクマ」や「シミ」「シワ」の原因になってしまうのです。ディスプレイに目を近づけ過ぎて、目を細める行為そのものが「シワ」の原因でもあります。

また、パソコンやスマートフォンを使用している間、表情筋はほとんど動きません。まばたきの回数も通常の半分以下になると言われています。表情筋を動かさないと、顔の筋力が低下して、口角が下がったり、ほうれい線が目立つようになります。結果、「老け顔」になってしまうということなんですね。

まばたきの回数が減少する事で、夕方になると目の大きさが変わるとも言われているようです。

「老け顔」を予防するには?

デスクワークをしていると目の疲れは避けようがありませんが、「老け顔」を予防するには、意識して目の疲れを取り除く事が大切だと言えるでしょう。
では、そのためにはどんな対策をすれば良いのでしょうか?

簡単にできる目の疲れを予防する方法をご紹介します。

まず、パソコンやスマートフォンの明るさを調整してみましょう。少し暗いかな?と感じる程度に調整する方が良いと言われています。ブルーライトの強い光は、非常に目を疲れさせてしまうからです。
最近は、ブルーライトをカットするメガネがあります。明るさの調整ができないという人は、そのようなアイテムを使用する事も1つの手段です。

部屋の明るさにも気をつけましょう。極端に暗い部屋や、直射日光が当たるような状態は避けた方が良いでしょう。

そして、次に大切なのは、「姿勢」です。キーボードやマウスは、肘を90度に曲げた状態が一番良い角度です。手首や肘は机や椅子のひじ掛けなどで支えると良いでしょう。

余計な力を入れずリラックスする事が大切です。
デスクトップタイプの場合は、キーボードのポジションキー(GとH)がモニターの中心にくるようにすると、体が傾きにくいと言われています。

このように、正しい姿勢を保つ事で、目の疲れや肩こりが軽減されます。

目疲れを解消するために目の体操をしましょう

目が疲れたな~と感じたら、目のストレッチをしてみましょう!

1・目をギュッと10秒間閉じます。その後目をパッと開き顔を動かさずに目だけを動かして上を見ます。もう一度目をギュッと10秒間閉じます。目をパッと開き、今度は下を見ます。これを、上下左右とゆっくり繰り返してみましょう。
目の周りの筋肉をほぐし、新陳代謝を促します。

2・人差し指を目から30㎝程度前に出します。指の高さを目の高さに合わせます。その指をゆっくり右に動かして、それを目で追います。顔は動かさず、目だけで指を追ってみましょう。同じ要領で左にも動かします。
これは、老眼回復にも効果があると言われています。朝起きた時や、仕事を始める前に行うのがオススメです。これらを5分ほど行うだけでも、目の疲れは大いに解消されるはずです。

ぜひ試してみては?

また、目の疲れを解消するには、適度な休憩を取る事です。パソコンやスマートフォンの長時間の使用を避け、1時間に10分ほどの休憩が理想的だと言われます。席を立ったり、水分を補給するなど気分転換も必要です。

パソコンやスマホと上手に付き合い、「老け顔」を予防しましょう!

↑ PAGE TOP