旧・健康コラム

Tel:0120-184-884昼11時~夜21時(月~土)
昼11時~夜20時(日・祝)
ネット予約する

「ラクだな」と感じる姿勢、ホントに大丈夫?!

「ラクだな」と感じる姿勢は、人それぞれ。

脚を組んだり、頬杖をついたり…

その時は、ラクだなと感じる姿勢でも長時間経つと意外に身体に負担がかかっている事を知っていますか?
崩した座り方を長時間続けると、体の歪みにつながってしまうのです。

パソコン正しい姿勢

まずは、あなたの座り方をチェック!

これが1つでも当てはまるという人は多いのではないでしょうか?
このような座り方をしている人は要注意!骨盤周りに負担がかかりやすいのに加え、血液の循環が悪くなり、肩こりや頭痛の原因になり兼ねません。

「ラクだな」と感じる姿勢は、長い目で見るとかなり体に負担をかけてしまうのです。

座り方が及ぼす負担とは?

デスクワークをしている人で、「腰が悪い」という人はいませんか?特に、力仕事や立ち仕事をするわけでもないのにどうして?と思っている人も多いのではないでしょうか?
それは、あなたの座り方に問題があるのです。

ある理学療法士の先生によると、よく話をする人が左右どちらにいるか?電話を持つ手はどちらか?等によっても姿勢に悪影響を及ぼすと唱えています。
そんな些細な事が、知らず知らずのうちに股関節や骨盤に負担をかけてしまっているのです。そうすると、体に歪みが生じ腰痛や肩こりを悪化させてしまいます。

また、座り方が悪いと、特に下半身の血行が悪くなります。下半身の血行が悪くなると、足先や腰が冷えてしまいます。冷えは万病のもととも言われ、体の様々な部分に悪影響を及ぼしてしまうのです。

このように、座り方が悪いとじわじわと体に負担をかけてしまっているのが分かりますね。

正しい座り方とは?

まずは、椅子に深く腰掛けましょう。
そして、椅子と机の間隔を開けすぎないように気をつけましょう。

これだけでも、意識していれば正しい座り方をする事ができます。さらにステップアップするならば、以下の点に気をつけてみましょう。

そう思っていてもなかなかできない!と言う人が大半なのではないでしょうか?長年の癖で、気が付くと「ラクだな」という姿勢になってしまいがちです。また、逆に疲れてしまいそう!と思う人も少なくはないでしょう。
一見、疲れそうに思える姿勢ですが、全身の骨と筋肉に力が分散されるため、疲れにくく、体に負担をかけないようになります。そればかりか、頭に酸素がまわり意識がクリアに保たれるので、集中力もアップします。
集中力が持続すると、仕事の能力もアップすることでしょう。

「ラクだな」と感じる姿勢になってしまった時に、姿勢を正してみるという習慣をつけてみましょう。1日のうち何度か正しい座り方を意識してみると、正しい姿勢が身に着きます。

理想的な机や椅子とは?

デスクワークに欠かせないのが、机と椅子。
先述したように、理想的な角度は腰・肘・膝がそれぞれ90度~100度になる事です。

椅子の高さは、両方の足の裏がちゃんと床に着いているかどうかという事です。
高すぎると、太もも部分に負担がかかりますし、低すぎるとお尻に体重がかかり負担になります。もし、椅子の調整が自由にできないのであれば、足の下に台を置いてみましょう。箱などを活用すると良いかもしれませんね。

長時間の作業には、背もたれや肘かけがあるものが理想的です。

足元は片付いていますか?余計な物をごちゃごちゃと置いていると、足の位置が制限されてしまい正しい姿勢は保てません。パソコンの本体は邪魔にならない位置に置いたり、荷物は、ロッカーや棚に収納するなどして、足元のスペースを確保しましょう。

机の高さは、ラクな体勢で肘を置いた時に、腕と床が平行になるようにしましょう。それを気にかける事で、肘が90度になる状態を保てます。

また、キーボードとマウスはなるべく近い位置に置くのが理想的です。手が頻繁に行き来するので、この2つの機器を近くに置く事で疲れるのを防ぎます。

 あまり、ガチガチに考える必要はありませんが、正しい姿勢を身に着ける事は、あなたの健康に役立つ秘訣です。
ちょっとした心がけで、肩こりや腰痛を軽減してくれます。きっと毎日のデスクワークを快適なものしてくれるでしょう。

↑ PAGE TOP