旧・健康コラム

Tel:0120-184-884昼11時~夜21時(月~土)
昼11時~夜20時(日・祝)
ネット予約する

パソコンで疲れないためには?

仕事や趣味でパソコンを使う事が多い現代人。
「1日中パソコンと向き合っている」という方も多いのではないでしょうか?
そんな現代人に必須のツールであるパソコンですが、思った以上に疲れるという事をご存知ですか?「なんとなく体が怠い」「肩こりが慢性的になった」「疲れているのに眠れない」などの症状がある人は、パソコン疲れが原因かもしれません。
では、パソコンで疲れないためにはどんな工夫をすれば良いのでしょうか?

パソコン作業

モニターの明るさは大丈夫?

あなたのパソコンの画面の明るさは適切ですか?
画面の輝度は明るいほど良いと思っていませんか?
ディスプレイを見続けると目の疲れを感じるという人も少なくはないでしょう。そのように感じている人は、モニター画面の明るさを落としてみましょう。

同じ文章を読むとして、本や雑誌を読むのに比べて電子書籍を読むほうが圧倒的に疲れるのです。太陽光を直視すると、目にかなりの負担をかけてしまう事は皆さんご存知の通りです。そのように人間は、強い光が直接目に入ることでひどく疲れてしまうのです。

ディスプレイの輝度が高ければ高いほど良いと思っている人も多いのではないでしょうか?鮮明な画像はとても魅力的に感じますが、輝度が高ければ高いほど目に負担をかけてしまっているのです。

室内の照明も関係していますが、明るいところと暗いところを見るたびに目の中では明るさの調整をしています。照明に比べ、ディスプレイの輝度が高いと、暗いところと明るいところを見る頻度が多くなります。そうする事で目は常に明るさの調整が必要になるという事になりますね。それを繰り返すと疲れにつながります。思い当たる方は、少しモニターを暗くしてみましょう。

部屋を暗くして、寝る前にベッドや布団の中でスマホやタブレット端末を操作するのも同じです。知らず知らずのうちに、目に負担をかけているという事になります。モニターの

明るさの調整の基準として、白い紙を画面の横に並べてみましょう。白い紙より画面の方が明るく感じるなら、モニターが明るすぎるという事です。画面の輝度を同じくらいに調整すると、室内の照明との差が少なくなります。

座り方は大丈夫?

実は、『座っている時の方が、骨盤周りに負担がかかりやすい』という事をご存知ですか?
一見、立ち仕事の人に比べるとラクなように見えますが、思っている以上に身体は疲れてしまうのです。
パソコン作業をする時、「気が付けば長時間同じ姿勢をしている」という人も少なくはないでしょう。ラクな体勢をとろうとすると、つい姿勢は悪くなってしまいがちです。

よく目にするのは、背中が丸くなってしまっている人です。作業に集中するあまり、つい前のめりになってディスプレイに顔を近づけ過ぎると、自然に背中が丸くなってしまいますね。

また、「クセで脚を組んでしまう」という人も多いのでは?脚を組む事で、やはり姿勢は悪くなってしまいます。

そのように、悪い姿勢で長時間座りっぱなしでいると自分で思っている以上に、体は疲れてしまうのです。座り方が悪いと、左右のどちらかに負担がかかり、骨盤の歪みにつながります。
また、背骨がS字に湾曲したようになり、体全体の歪みにもつながります。
そうすると、肩こりや腰痛、冷え性など様々な不具合を引き起こしてしまうのです。

慢性的な頭痛やめまい、吐き気などもそれが原因となっている場合が少なくはありません。

一度、自分の座り方をチェックしてみましょう!

↑ PAGE TOP