旧・健康コラム

Tel:0120-184-884昼11時~夜21時(月~土)
昼11時~夜20時(日・祝)
ネット予約する

あなたの頭痛の原因は?

近年、慢性的な頭痛に悩まされる人が増えてきています。鎮痛剤が手放せないという方も多いのではないでしょうか?

Relalaに来店される方には 肩こりによる頭痛のお客様が沢山いらっしゃいます。慢性的な頭痛を治すには、肩こりを解消する事が必要になってきます。

しかし、頭痛の原因は様々。中には、重大な病気が隠れている事も…。

頭痛の原因

あなたの頭痛の症状は?

頭痛には、

と、主に3つの種類に分けられます。
中には、緊張型頭痛と片頭痛が混在する人もいるようです。

*緊張型頭痛とは

一時性の頭痛で、年齢を問わず最も多くみられます。この頭痛は、精神的なストレスや長時間のデスクワークなどで同じ姿勢を続けることで、血行が悪くなり首や頭の筋肉が緊張する事で起こります。
後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような痛みが特徴です。肩や首のコリ、軽いめまいを伴う事も多いようです。

*片頭痛とは

片頭痛を訴える人は非常に多く、特に20代~40代の女性に多く見られます。頭蓋骨内の血管が広がり、炎症を起こす事が原因と考えられているようです。
症状を訴えるのが女性に多い事から、女性ホルモンが何らかの形で関係しているのではないかとみられています。
また、疲労やストレスが原因となっている事も多いようです。
痛みの特徴として、ズキズキと脈打つような強い痛みが上げられます。光や音に敏感になったり、吐き気を伴う事もあるようです。

*群発頭痛とは

片頭痛とは逆に男性に多いようです。目をえぐられるような激しい痛みと表現する人もいるほど辛い痛みだと言われています。
1度症状が出始めると、数か月間続く事もあり、毎日同じ時間に症状が現れるようになります。目の後ろを通っている内頸動脈が拡張して炎症が起きるためではないかと考えられているようです。しかし、その炎症が起こる原因ははっきりとはわかっていません。

このように、頭痛と一口に言っても様々な症状や原因があります。しかし、これまで経験したことのないような強い痛みや、手足の麻痺や痺れ、激しい嘔吐を伴うようであれば、すぐに病院へ行く必要があります。
くも膜下出血や脳腫瘍など重大な病気の場合も考えられるからです。

肩こりが原因の頭痛

先述したように、頭痛の原因で一番多いのは緊張型頭痛で「肩こり」によるものです。片頭痛持ちかな?と思っている人でも意外にこのタイプの頭痛の場合も多いようです。

もう一度症状について思い起こしてみましょう。

このような症状がある方は、肩こりによる頭痛と考えても良いでしょう。肩こりは「現代病」とも言われ、私たちの生活スタイルと大いに関係しています。

では、なぜ肩こりから頭痛が引き起こされてしまうのでしょう。

それは、頭から首・肩にかけての筋肉が緊張し、血流が悪くなってしまうからです。血流が悪くなると、酸素や栄養分の供給が不十分になってしまいます。そうすると、首や頭の筋肉が緊張し頭痛が起こるというわけです。

その原因として最も多いのは、「姿勢」です。姿勢が悪いと、筋肉疲労を起こしてしまいます。特に、デスクワークで長時間同じ姿勢をとる人はそのような状態にあると言えます。

スマホの操作やテレビゲームも同じ事が言えるでしょう。夢中になり過ぎると、気づかないうちに長時間同じ姿勢をとってしまいがちですね。

また、体や精神にストレスを受ける事も肩こりの原因となります。ストレスを受けると、筋肉を緊張させる交感神経の働きが活発になります。交感神経の働きが活発になると、肩まわりの筋肉内の血管が収縮してしまい循環が滞る事で、肩こりが引き起こされます。

こうして、筋肉の緊張により血液の循環が悪くなる事が頭痛の主な原因となっています。

肩こり予防は頭痛予防。

肩や首のこりが原因で起こる頭痛なら、その「コリ」を予防する事が、頭痛を解消する事にもながります。

まずは、長時間同じ姿勢を続けないことです。長時間、パソコンやスマホの操作をする時は適度に休息をとりましょう。

肩こりを改善するためには、ストレッチやマッサージが最も効果的である事はご存知の方も多いでしょう。定期的に行う事で、十分緩和されるはずです。

自宅で簡単にできる方法として、蒸しタオルで、首や肩を温めてそのあと肩甲骨を意識して肩を回してみましょう。同じように蒸しタオルで目を温める事で、目の疲れを癒し血行がよくなります。

目の疲れを解消する事も肩こり予防につながります。

38℃から40℃くらいの少しぬるめのお風呂にゆっくり浸かる事も効果的です。

運動不足も肩こりの原因になります。軽い運動を心がけましょう。

ストレスを溜めないようにする事も大事ですね。

心当たりのある方は、ぜひ一度試してみる事をオススメします。

 

↑ PAGE TOP