スタッフブログ

映画【タクシー運転手】

カテゴリ:宮本, スタッフブログ

2019年9月29日

豊島区南池袋のドライヘッドスパ&ボディケア。
ヘッドリラクゼーションRelala のスタッフブログです。

皆さん、こんにちは。宮本です。早いもので9月もそろそろ終わりですね。
今月は、台風があったり中々涼しくならなかったりと、色々大変でしたよね。
10月上旬までこの蒸し暑さが続くと気象予報士さんが言ってました。どうぞご自愛くださいませ。

さてさて、今日ご紹介するのはこちらの韓国映画、2018年公開の【タクシー運転手】です。
こちらの映画2018年の、日本国内韓国映画NO1になった大ヒット作品なったそうです。


私は、友達におすすめされて最近観たので知らなかったのですが。。。
1980年に実際に韓国現代史上の悲劇と言われる『光州事件』をモチーフにした実話なんです。

あらすじは、、、ソウルのタクシー運転手マンソプさんは”通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う”という言葉につられてしまい、ドイツ人記者ピーターを乗せて、危険と分かりながらも光州を目指すんですね。
なので、どうしてもタクシー代を受け取りたいマンソプさんはなんとか検問を切り抜け、時間ぎりぎりでやっと光州に入ります。
でも、『危険だからソウルに戻ろうよ』というマンソプさんの言葉に耳を貸さず、ピーターは大学生のジェシクと別の運転手の助けを借り、撮影を始めてしまうのですが、状況は徐々に悪化していき・・・。マンソプさんは1人で留守番させている11才の娘が気になり、ますます焦るのですが…。

感想は、韓国のコメディ交えた映画と思いきや、全然そんなことはなく感動しました!
社会派ドラマっぽいので、難しいかなと思いましたが韓国ドラマっぽい”ほのぼの”した部分もあり、
歴史の勉強にもなりました。。。
韓国映画、まだまだ面白そうなのでどんどん観ていきたいと思います♪

今日はおススメの映画のご紹介でした!

 

 

池袋初!ワンランク上の快眠ドライヘッドスパ

ヘッド リラクゼーション Relala(リララ)