スタッフブログ

メニューボタン

多摩動物公園

カテゴリ:スタッフブログ, 児玉

2021年10月31日

池袋東口徒歩3分・南池袋公園前  快眠ドライヘッドスパ Relala のスタッフブログです。
こんにちは!スタッフのコダマです。

緊急事態宣言も解除され、感染対策しながらも少しずつ人出が増え始めましたね。
冬の第六波は確実と言われているので気を緩めず生活していこうと思います。

さて、私は久しぶりにお出かけです!
日野市にある多摩動物公園に行って来ました。
多摩動物公園は豊かな自然が多く残った園内で動物をできるだけ自由な姿で展示するために、
檻のかわりに壕で仕切られており、広い放飼場に放養形式で展示されています。
野生で群れをつくる動物は、なるべく群れで飼育されており、約300種の動物がこの動物園にいます。

入ってすぐに分かりますが、本当に広い!

歩いても歩いても動物が見当たりません。笑

やっとキリンに出会いました。

アフリカゾウ

防虫や紫外線防止のために砂浴びをして背中の上が砂だらけです。

ニホンザル

何頭か毛が抜けている猿がいました。ストレスやグルーミングの時に間違って抜いてしまうみたいです。寒そうでした。

オウム

ビャービャー鳴いているだけで言葉は話さなかったです。残念ー!

インドサイ

泥を体に塗りつけていました。熱くなった体を冷やしたり、防虫、保湿のためにするようです。

ツキノワグマ

ツキノワグマがずっと同じ場所をウロウロしており、警戒しているのかな?と思いましたが調べてみると常同行動と言ってストレスが原因のようです…。

予約してライオンバスに乗りました。近くでライオンを見ることが出来ます。

基本的にずっと寝てます。鬣がしなしなであまり威厳はありません。

バスに慣れてしまってるのかバスに轢かれそうな距離で寝ています。

寝姿がうちのわんこにそっくりでした。

ライオンバスでは近距離でライオンを見ることが出来ます。体も足も大きい!

アムールトラ

とても、絵になります。正直ライオンより格好良かったです。

ユキヒョウ

アジア山岳部に棲息する珍しい動物で綺麗な毛皮目当てに密猟されている動物です。しっぽがふと〜くて長い!邪魔ではないのかな?って位の大きさでした。

寒い他方に住む動物のため、しっぽをマフラー代わりに使うそうです。寛いでいた姿は猫そのままでした。

 

多摩動物公園はとにかく広いです。府中でランチした帰りに立ち寄るか…。
程度で考えていましたが、きちんと見るなら半日必要です。規模で言うと上野公園の4倍位だそうです!
沢山歩くのでスニーカーがおススメですし、シャトルバスも上手く活用すると楽です。

じっくり動物園を楽しみたい方は是非一度足を運んでみてください!

 

 

池袋初!ベッドでの施術にとことんこだわった ワンランク上の快眠ドライヘッドスパ!
快眠ドライヘッドスパRelala(リララ)

タグ:

メニューを閉じる